そうめん食べたい

2018
11 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 01
管理
リズと青い鳥(2回目)
180501.png

ファーストデーに見てきました
リズ→コナンのはしごです 結果から言うとリズの後に別の映画を見るのはつらくはなくなるけど虚無感がある

以下ネタバレです。剣崎後輩kawaii
180501b.png

2回目はかなり余裕をもって見れました。
冒頭5分でみぞれが希美のことを好きというのがセリフもモノローグもなしに伝わるのは本当にすごいですよね…
その冒頭、角を曲がる時に同じ所を触る手つきに情感こもってたり(愛撫!)、階段下から煽る時にスカートの裾に視線が寄ったり
若干性的な目線が入ってるように見えるのは引き込むための演出なのかみぞれがそういう目で見てるってことを示唆してるのか
「本番なんて一生来なくていい」というセリフ、よく考えるとTV版で「たった今好きになった」のに何かあったのだろうか。

剣崎後輩kawaii
これだけ情報が込められてる作品だし剣崎後輩のゆでたまごにも何らかの意味があるのでは、と考えたのですが、
鳥の名前がついた作品でゆで卵ってよく考えたらかなり不穏ですよね。
生まれることができなかった(死んだ)鳥だし、割らないと食べることができないし…
ゆでたまごを希美にあげた、というのをメタ的に考えると「あなたが青い鳥を殺そうとしている」みたいな意味なのかも…
味ついてておいしいです、も本心ではみぞれに執着してる希美への共感と警告も含んでいるのでは
まあ2週目特典イラストのラフにも「味ついてておいしいです」ってコメントがあったしどこまで深読みなのかはわからないですね

剣崎後輩はストレートな先輩後輩の関係で癒されます。みぞれが後輩との関わりの中で人間になっていくのは本当に嬉しい。
のぞみぞが成立するには二人とも人間にならなくてはいけないと思うのですが、
今回剣崎後輩のおかげでみぞれの人間性が少し成長したせいで希美の未熟な部分が見えてしまった感じがあります。
希美にも剣崎後輩みたいなのがいればなあ、とも思ったけど、フルートの後輩とあれだけ仲良くしてる描写があってこれなので
きっと慕ってくれる後輩がいてもどこかで線を引いて表面だけの関わりをするタイプなんだろうなあ
賑やかな中にいても本質的には一人なのが希美、つれないけど多くの人に認められているのがみぞれという対比が
不特定多数の特別になりたい希美と希美の特別になりたいみぞれの噛み合わなさっぷりに拍車をかけてしんでしまいます
あとプールに後輩を誘っていいと聞いたシーンの希美のカット最高にCOOL

180502.png

フルートの光が反射するシーンは希美からみぞれへの愛撫だと思います これツイッターで検索したけど一件もなかった 解せぬ
生物室と音楽室を挟んだ空気感は本当にグッときますね。
好きな人がちらっと見えるだけで嬉しくなる気持ちみたいなのがまさに学生って感じを思い出しとてもよかったです
この辺りから希美の未熟さが結構強く見えてくるけど、みぞれはみぞれで剣崎後輩とのやり取りはちょっと人間ぽくなったけど
進路自分で決めないし希美関係についてはこの段階だと全く成長してないからトントンですね。
やっぱりこの二人はしばらく距離を置いて人間になってから再会した方が燃えるのではないか??そういう話ではない??はい。

リズと青い鳥が逆転した演奏の時の煽り方は非常にいい(特に橋本先生が好き)んだけど、
セリフにしちゃったのはちょっと引き戻される感じがあってそこだけ少し不満かなあ
ただ賑やかな中にいるのではなく実力によって生まれた人だかりにいるみぞれと一人去っていく希美の対比が
構成要素として必要なのはわかるんだけど…

あと生物室の告白シーン、1回目見た時は希美は相手の求めている言葉が分かった上で外した回答をしたと思ってたんですが、
「みぞれのオーボエが好き」って言った後希美自身が少し戸惑うような目線が入るんですよね。
そのあとに笑い出すのもあってあのシーンのあの言葉だけは本物という認識でいいのかもしれない。
ありがとうの方は求めてる言葉が分かった上での回答だと思います。どっかのコメントでノーサンキューって書いてあったし。
互いに欲しい言葉が貰えないのが残酷で最高でした。

最後に学校という鳥かごから出ていく二人と二羽の白い鳥。
ここまで現実にはいない青い鳥を出しておいてあえて白い鳥というのは何らかの強い意図があると思うのですが、
個人的には「どちらも青い鳥ではなかった」ということであって欲しいという気持ちはあります。
彼女たちは関係をたまたま童話に当てはめようとしてしまっただけで
元々彼女らはリズでも青い鳥でもないもっと自由な存在のはずだからです。物語はハッピーエンドがいいです。
最後の方のやり取りの噛み合わなさはなんというかやさしいのにどこか痛々しいのですが、
並んで歩けるようになったしもう少し成長すればうまくやっていけるのかな、という希望も感じられます

自分も人の気持ちがわかる方ではないし、最近になってようやく人間になってきたのであんまり希美のことを言えないのですが、
早く希美には人間になって欲しい
それまでみぞれは剣崎後輩と穏やかな日々を送って欲しい

以上です
未分類 コメント(0) トラックバック(0)
コメント
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://shirofoxx.blog130.fc2.com/tb.php/358-d4fddde2
 ホーム